top>>問題の解説 >>2乗に比例する関数(変域) (5)(6)(7)解説
Mathematics Website
menu

2乗に比例する関数(変域) (5)(6)(7)解説

変域とは・・・グラフの範囲のこと。
グラフを描いたときの横の範囲がxの変域、縦の範囲がyの変域になる。

図1 2jikan3-1.gif(3431 byte) 図2 2jikan3-2.gif(3100 byte)

図1のようにxの変域が負から正までのときはグラフが原点を通るので、a>0ならyの最小値が0, a<0ならyの最大値が0になる。

(5)
y=ax2 においてxの変域が-6≦x≦mのときのyの変域が1≦y≦9でした。   aとmの値をそれぞれ求めよ。

x y O 9 1 yの変域 -6 m yの変域が1≦y≦9である。 
yの変域が正の数なのでa>0である。
xの最小値が負なのでグラフはこうなる
xの変域を図示すると
すると放物線は点(-6,9)を通るので9=a×62
よってa=14
また、放物線は(m,1)も通るので
y=14x2に代入して 1=14m2
m=±2
ところがm>0なのでm=-2


1次関数の変域
x y O xの変域 yの変域

(6)
放物線y=ax2 とm<0の直線y=mx+6について、-3≦x≦6でのyの変域が一致する。   aとmの値をそれぞれ求めよ。

直線と放物線のyの変域が一致するとは
「放物線のyの最大値、最小値と直線のyの最大値、最小値が同じになる」ことである
6 -3 6 x y O xの変域 36a yの変域 xの変域が-3≦x≦6、直線の切片が6である。
aはプラスか、マイナスかわからない。
aがプラスならyの最小値が0,
aがマイナスならyの最大値が0である。
直線の切片が6だから最大値が0にはならないので
a>0とわかる。
図から放物線でx=6のときがyの最大値となる。
また最小値は0である。
x=6をy=ax2に代入するとy=36a,
つまりyの変域は0≦y≦36a
この変域にあうように直線を書くと
直線は(6,0)と(-3,36a)を通ることがわかる。
y=mx+6に(6,0)を代入するとm=-1,
y=-x+6に(-3, 36a)を代入するとa=14


(7)
a<0の放物線y=ax2 とy=-92x+b について -6≦x≦2でのyの変域が一致する。
  aとbの値をそれぞれ求めよ。

x y O -6 2 36a xの変域が-6≦x≦2で放物線はa<0
yの最大値は0, 最小値はx=-6のとき、y=36a
つまりyの変域は36a≦y≦0
この変域にあうように傾きがマイナスの直線をかくと
直線は(-6, 0)と(2,36a)を通る。
y=-92x+bに(-6,0)を代入すると
b=-27
y=-92x-27に(2,36a)を代入するとa=-1

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved