top>>問題の解説 >>放物線と図形 1,2解説
Mathematics Website
menu

放物線と図形 1,2解説

1. 図で放物線mはy=x2で、nはy=ax+bである。
交点Aのx座標は-1, 交点Bのx座標は3である。
(1) 頂点Oを通り△AOBの面積を2等分する直線の式を求めよ。
(2) 直線nの切片をCとすると△AOCと△BOCの面積比を求めよ。
2jikansu4-1.gif

(1)  まずAとBの座標を求める。
Aはx = -1なので放物線mの式y=x2 に代入して
y = 1となり A(-1, 1)
同じようにしてBはx = 3をmの式に代入して
y = 9となり B(3, 9)
頂点Oを通り、△AOBの面積をニ等分する直線は、
線分ABの中点を通る。
A(-1, 1)とB(3, 9)の中点は(1, 5)となる。
(0, 0)と(1,5)を通る式は y = 5x である。

(2)  高さが同じ三角形では底辺の長さの比は面積比と等しくなる。
△AOCと△BOCはAC, BCを底辺としたときに頂点Oが共通なので
高さが同じになる。そのため底辺の比AC : BCが面積比と等しく
なる。
(1)で出した座標を使うとAC : BC = 1 : 3なので面積比は1:3である。
 

2. 図で放物線mはy=3x2, nはy=x2である。
点A, Bは放物線m上の点、点C,Dはn上の点で、
辺ABとCDはx軸に平行で、ADとBCはy軸に平行である。
四角形ABCDが正方形になるときのAの座標を求めなさい。
2jikansu4-2.gif(1794 byte)

点Aのx座標をpとする。AとDはx座標が同じなので点Dのx座標もpである。
点Aは放物線m上の点なのでy座標は3p2となる。
点Dは放物線n上の点なのでy座標はp2となる。
点Bは点Aとy座標が同じなのでx座標は-pである。
A(p, 3p2), B(-p,3p2), D(p, p2)
四角形ABCDが正方形になるので辺ABの長さと辺ADの長さが等しくなる。
ABの長さはAのx座標からBのx座標を引いて p-(-p)=2p,
ADの長さはAのy座標からDのy座標を引いて3p2-p2=2p2
これらが等しいので 2p2=2p
この2次方程式を解くとx=1となる。よってAの座標(1,3)



放物線と図形 3  放物線と図形の4   放物線と図形の5 

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved