top>>問題の解説 >>資料の整理2(範囲、代表値) 解説
Mathematics Website
menu

資料の整理2(範囲、代表値) 解説

1 次の数字は太郎君が受けた8回のテストの得点である。

74 62 58 63 72 69 78 76

得点の範囲を求めよ。

平均値を求めよ。

中央値を求めよ。

2 表はあるクラスの生徒の身長を度数分布表にまとめたものである。

身長(cm)度数(人)
以上 未満
145〜1503
150〜1556
155〜1605
160〜1654
165〜1702
合計20

平均値を求めよ。
平均値=値の合計資料の総数
度数分布表から平均を求める場合、各階級の資料の値はすべて階級値として計算する。
計算:(147.5×3+152.5×6+157.5×5+162.5×4+167.5×2)÷20=156.5

中央値を求めよ。
中央値とは資料を大きさの順に並べたときのちょうど真ん中の値
度数の合計が20なので10番目と11番目が中央となる。どちらも155以上160未満の階級にあるのでその階級値が中央値
つまり157.5

最頻値を求めよ。
最頻値は度数の最も多い階級の階級値のこと。
右の表では150以上155未満の度数が6で最も多い。
つまり152.5


3 表はクラスの生徒の1日の学習時間をまとめたものである。このクラスの平均学習時間が1.6時間のとき、x,yの値を求めよ。

学習時間(時間)度数(人)
以上 未満
0〜16
1〜2x
2〜33
3〜4y
4〜51
20

「度数の合計が20になる。」と「平均値が1.6時間」の2つで式を作って連立方程式にする。
度数の合計・・・6+x+3+y+1=20
平均値・・・(0.5×6+1.5×x+2.5×3+3.5×y+4.5×1)÷20=1.6
これを解いてx=9, y=1

4 表はあるクラスの生徒の通学時間をまとめたものである。このクラスの通学時間の平均値は22分である。

通学時間(分)度数(人)
以上 未満
0〜10x
10〜207
20〜306
30〜40y
40〜501
50〜602
合計30

x,yの値を求めよ。
問題3と同様に「度数の合計」、「平均値」で2つ式を作り連立する。
度数の合計・・・x+7+6+y+1+2=30
平均値・・・(5×x+15×7+25×6+35×y+45×1+55×2)÷30=22
これを解いてx=8, y=6

中央値を求めよ。
度数の合計が30なので中央は15番目と16番目。(1)からx=8なので15番目は10以上20未満、つまり階級値15分
16番目は20以上30未満、つまり階級値25分
15分と25分の平均は(15+25)÷2=20

最頻値を求めよ。
(1)で出したようにx=8なのでこれが最大度数となる。
0以上10未満の階級の階級値5


分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved