top>>問題の解説 >>1次関数応用(動点) 解説
Mathematics Website
menu

1次関数応用(動点) 解説

1. 点Pは長方形ABCDの頂点Aを出発して毎秒2cmでA→B→C→Dと進む。出発してからx秒後の△APDの面積をycm2とする。

x秒間でPは何cm進むか。 毎秒2cmというのは
1秒で2cmなので
2秒で2×2=4cm
3秒で2×3=6cm



10秒で2×10=20cm


x秒で2×x=2xcm

図1のように点Pが辺AB上にいるとき 2x 2x A B C D 10cm 8cm P 図1 10cm 10cm
xの変域を求めよ。 AをスタートしてからBに到着するまで8÷2=4秒
よって点Pが辺AB上にいるのは0秒から4秒まで
 0≦x≦4
△APDでADを底辺として考えるとき
ア) 底辺の長さを求めよ。 図のように底辺AB=10cm
イ) 高さをxの式で表せ。 高さはAPである。
APはスタートからPが進んだ道のりなので2x

△APDの面積yをxの式で表せ。 三角形の面積=底辺×高さ÷2 なので
10×2x÷2=10x
y=10x


図2のように点Pが辺BC上にいるとき 図2 P 10cm 10cm 8cm
xの変域を求めよ。 AをスタートしてからBに到着するまで8÷2=4秒
AをスタートしてからCに到着するまで18÷2=9秒
よって点Pが辺BC上にいるのは4秒から9秒までなので
 4≦x≦9

△APDでADを底辺として考えるとき
ア) 底辺の長さを求めよ。 図のように底辺AD=10cm
イ) 高さを求めよ。 高さはPから辺ADにおろした垂線の長さなので8cm

△APDの面積yを求めよ。 三角形の面積=底辺×高さ÷2 なので
10×8÷2=40
y=40


図3のように点Pが辺CD上にいるとき 図3 P 10cm 10cm 26-2x
xの変域を求めよ。 AをスタートしてからCに到着するまで18÷2=9秒
AをスタートしてからDに到着するまで26÷2=13秒
よって点Pが辺CD上にいるのは9秒から13秒まで
 9≦x≦13

出発からx秒間でPが進んだ道のりをxの式で表せ。 (1)で出したとおり2x
PDの長さをxの式で表せ。 図に示した赤い部分の長さはPが出発から進んだ道のり2xcm
図の青い部分の長さは8+10+8=26cm
PDは青い部分から赤い部分を引けば出るので
 26-2x

△APDの面積yをxの式で表せ。 図のように底辺AD=10cm、 高さはPD=26-2xである。
三角形の面積=底辺×高さ÷2 なので
10×(26-2x)÷2=130-10x
y=-10x+130

x=4のときのyの値を求めよ。 x=4を y=10xに代入すると y=40

x=9のときのyの値を求めよ。 x=9を y=-10x+130に代入すると y=40

グラフをかけ x=0のときy=0なので(0,0)
(5),(6)より(4, 40), (9,40)
x=13のときy=0なので(13, 0)
これらの点を直線で結ぶ。
0 20 40 5 10 x y (秒) (cm ) 2 (0,0) (4,40) (9,40) (13,0)

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved