top>>問題の解説 >>復習問題 4①解説
Mathematics Website
menu

復習問題 4①解説

4①  長方形ABCDの頂点Bを頂点Dに重ねるように
折り返す。AD=3㎝、AB=5㎝のとき
AEの長さを求めよ。
A B C D E F G

求める長さAEをxとする。
AB=5なのでEB=5-xである。
EDはEBを折り返したものなのでED=5-xとなる。
A B C D E F G 5 3 x 5-x 5-x すると直角三角形AEDの三辺は
AD=3,AE=x, ED=5-x となるので
三平方の定理を使うと
(5-x)2=32+x2
25-10x+x2=9+x2
-10x=-25+9
10x=16
x=85

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved