top>>問題の解説 >>確率3 5解説
Mathematics Website
menu

確率3 5解説

問題
図のように1から5までの数字を書いたカードがある。よくきって1枚ずつ2回続けて取り出し、取り出した順に並べて2けたの整数をつくる。このとき、できた整数が3の倍数になる確率を求めよ。 1 2 3 4 5

解説
最初に取り出したカードが1の場合、樹形図は図のようになる。
1 2 3 4 5
2けたの整数は 12, 13, 14, 15の4つ、このうち3の倍数は12と15の2つ
同じように最初に取り出したカードが2の場合、3の場合、4の場合、5の場合のそれぞれの樹形図をかく。
1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5
すると3の倍数は21, 24, 42, 45, 51, 54の6つである。
つまり全体の場合の数が20通りでそのうち3の倍数になる場合の数が8通り。
よって確率は820 = 25 となる。

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved