top>>問題の解説 >>直線と四角形 1解説
Mathematics Website
menu

直線と四角形 1解説

直線と四角形 3の解説 直線と四角形 4の解説

直線上に点があり、座標がわかっていない場合、
x座標に文字をおいて、y座標は直線の式にそれを代入して文字式で表す。

例) y=3x+2上の点Q
x座標をqとすると y座標は3q+2となる。

1
直線mはy=2x−1, 直線lはy=−3x+18である。点Aが直線m上にあり、 点B,Cはx軸上、点Dは直線l上にある。四角形ABCDが正方形となるときの点Aの座標を求めよ。 A B C D l m x y O

点Aはy=2x-1のグラフ上にあるのでx座標をpとするとy座標は2p-1となる。
A(p, 2p-1)
点Dはy=-3x+18のグラフ上にあり、点Aとy座標が同じなので式にy=2p-1を代入してx座標をpで表す。
2p-1=-3x+18
3x=18-2p+1
3x=19-2p
x=19-2p3
D(19-2p3 , 2p-1)
ADの長さはDのx座標とAのx座標の差なので
AD = 19-2p3-p
ABの長さはAのy座標とBのy座標の差なので
AB=2p-1-0 = 2p-1
四角形ABCDが正方形のときAD=ABとなる
19-2p3 -p=2p-1
19-2p-3p=6p-3
-11p=-22
p=2
よってA(2, 3)

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved