top>>問題の解説 >>直線と四角形 4解説
Mathematics Website
menu

直線と四角形 4解説

直線と四角形 1の解説 直線と四角形 3の解説

4.   直線mはy=4x, 直線lは y= − 1 3 x+19 のグラフです。
点Aは直線mのグラフ上にあり、点Dは直線lのグラフ上にあります。
また点B、Cをx軸上にとり、長方形ABCDを作ります。
長方形ABCDの辺ABと辺ADの比が AB:AD=2:3のとき
点Aの座標を求めよ。
x y l m A B C D O

点Aはy=4xのグラフ上の点なのでx座標をtとするとA(t, 4t)となる。
点Dは点Aとy座標が同じなのでy=4tをy=-13x+19に代入すると
4t=-13x+19
13x=-4t+19
x=-12t+57
つまり, D(-12t+57, 4t)となる。
Aのy座標は4t, Bのy座標は0なのでAB=4t
Dのx座標は-12t+57, Aのx座標はtなのでAD=-12t+57-t=-13t+57
AB:AD=2:3より
4t:(-13t+57)=2:3
12t=2(-13t+57)
12t=-26t+114
38t=114
t=3
よってA(3, 12)

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved