top>>問題の解説 >>関数と図形 解説
Mathematics Website
menu

関数と図形 解説

1. 次の問に答えなさい。
(1)点A(-2, 1)と点B(6, 5)の中点の座標を求めよ。
(2)点A(-2, 1)と点B(4, 10)がある。線分AB上に点PをとりAP:PB=2:1にしたい。点Pの座標を求めよ。
(3)3点、O(0, 0), A(6, 0), B(2, 8)がある。△OABの面積を求めよ。
(4)3点、A(-5, 2), B(-5, -4), C(7, 8)がある。△ABCの面積を求めよ。
(5)2点、A(5,5)、 B(8, 1)がある。y=2x+bが線分ABと交点を持つようなbの値の範囲を求めよ。

(1)
x座標どうしで-2と6の真ん中の点は2,
y座標で1と5の真ん中は3
よって中点の座標は(2,3)
A B x y O -2 6 1 5 2 3
(2)
x座標-2から4を3等分する。4に近い方は2
y座標1から10を3等分する。10に近い方は7
よってPの座標は(2,7)
-2 4 1 10 O x y A B 2 7
(3)
底辺 OA=6、
高さ Bから辺OAに下ろした垂線 8
面積 6×8÷2=24
A B O x y 6 8
(4)
底辺  AB=6,
高さ  Cから辺BAの延長上に下ろした垂線 12
よって面積 6×12÷2=36
A B C x y O 6 12
(5)
y=2x+bはbの値によって変化する。
この直線が線分ABと交点を持つとき
点A(5,5)を通る時がbの最大値、
点B(8,1)を通る時がbの最小値となる。
(5,5)を代入すると
5=10+b
b=-5
(8,1)を代入すると
1=16+b
b=-15
よって-15≦b≦-5
A B x y O

2.  図で直線lはy=-2x+4, mはy=2x-6、nはy=tである。
lとnの交点をA, mとnの交点をBとする。
線分ABの長さが7になるときのtの値を求めよ。
ただしt>0とする。
lmnxyOAB

点Aはy座標がtで、y=-2x+4のグラフ上にある。
グラフの式にy=tを代入すると t=-2x+4
x=4-t2
点Bはy座標がtでy=2x-6のグラフ上にある。
グラフの式にy=tを代入すると
t=2x-6
x=t+62
Bのx座標からAのx座標を引いた差が線分ABの長さなので
t+62- 4-t2=7
t+6-(4-t)=14
2t+2=14
2t=12
t=6

3. lはy=-2x+10, mはy=xのグラフである。
直線m上に点A、直線l上に点D、x軸上に点Bと点Cをとる。
四角形ABCDが正方形になるときの点Dの座標を求めよ。  ABCDOxylm

Dのy座標をtとする。
Dは直線l上の点なのでy=tをグラフの式に代入すると
t=-2x+10
x=10-t2
またAのy座標はDとおなじなのでtとなる。
Aはm上の点なのでy=tをグラフの式に代入すると
t=x
Dのx座標からAのx座標を引いた差が辺ADの長さなので AD=10-t2-t
正方形なのでAD=ABとなる。
辺ABはAのy座標に等しいのでAB=t
よって10-t2-t=t
10-t-2t=2t
-5t=-10
t=2
よってD(4,2)

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved