top>>問題の解説 >>三平方の定理3 7解説
Mathematics Website
menu

三平方の定理3 7解説

問題
半径3cmの円Oと半径5cmの円O’があり、A,Bを接点とする共通接線ABがひかれている。
中心間の距離OO’=17cmのとき線分ABの長さを求めよ。
A B O O'

解説
補助線を引く。
A B O O' C
ABに平行な線をO'を通るように引き、OAの延長との交点をCとする。
すると四角形CABO'が長方形になる。
OO'に線を引くと直角三角形COO'ができるのでこの直角三角形で三平方の定理を使う。
OO'=17, AC=BO'=5, OA=3, つまりOC=8
よってCO'2 + 82=172 計算するとCO'=15
CO'=ABなので AB=15

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved