top>>問題の解説 >>三平方の定理5 (3)解説
Mathematics Website
menu

三平方の定理5 (3)解説

(3)
右の図は、一辺6cmの正方形と半径6cmのおうぎ形
を組み合わせた図形である。
影をつけた部分の面積を求めよ。

図のようにEからBに直線を引いて2つの部分に分け、それぞれの部分の面積を出す。
A B C D E
(i) まず青色の部分の面積を出す。
E,Cともに中心をBとする円周上の点なのでEB=BC=6cm
また、EとBは中心をCとする円周上の点なのでEC=6cmとなる。
よって△EBCは正三角形である。
図のように半径6cm,中心角60°のおうぎ形から
一辺6cmの正三角形の面積を
引いたものが青色の部分の面積である。
B C E 6 6 6 60°
   (ア)【半径6cm、中心角60°のおうぎ形】
 6 × 6 × π ÷ 6 = 6π
(イ)【一辺6cmの正三角形】
 高さをxとして三平方の定理を使うと、x2 + 32 = 62
よってx = 33
三角形の面積は 6 × 33 ÷ 2 = 93

青色の部分の面積は(ア)-(イ)なので (6π- 93)cm2

(ii) つぎにオレンジ色の部分の面積を出す。
オレンジ色の部分は半径6cm, 中心角60°の
おうぎ形なので(1)で出したように
  6πcm2となる。
B C E 6 60°
(1)と(2)の結果を足す
6π- 93+6π =12π- 93   

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved