top>>問題の解説 >>3年総合問題1 2
Mathematics Website
menu

3年総合問題1 2

2. 図のように関数y=12x2のグラフと
x軸に平行な直線mが点A,Bで交わっている。
また、x軸上に点P(6,0)がある。
A B O P m x y
(1)直線mの式がy=8のとき
 ① 直線OAの式を求めよ。
② 放物線上のx>0の部分に点Qをとる。△ABPと△ABQの
面積比が2:3となるときの点Qの座標を求めよ。

(2) 線分OA上に点Rをとる。△APBの面積と△RPBの面積が等しくなるとき
直線mの式を求めよ。

(1)

Aのy座標が8なのでこれを放物線の式に代入すると
8= 1 2 x2
x=±4
x<0よりx=-4, よってA(-4,8)
(-4, 8), (0,0)を通る直線を求めるとy=-2x

A B O P Q 8 h △ABPと△ABQは辺ABが共通なので
これを底辺とすると △ABPの高さは8となる。
△ABQの高さをhとおくと面積比が2:3なので
高さの比も同じく2:3、つまり8:h=2:3
よってh=12
hが12なのでQのy座標は8+12=20
y=20を放物線の式に代入するとx=±210
x>0よりx=210
よってQ(210,20)


(2)

A B O P R m 線分OA上に点Rをとって△APB=△RPBとなるのは
OA//PBとなるときである。

OA//PBとなるなら、四角形AOPBが平行四辺形
になるのでOP=6より、AB=6である。
つまりBのx座標は3、これを放物線の式に代入して
y= 9 2

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved