top>>問題の解説 >>相似の証明1  1(2)解説
Mathematics Website
menu

相似の証明1  1(2)解説

1.
図の△ABCは∠BAC=90°の直角三角形である。
頂点Aから辺BCに垂線を下ろしその交点をDとする。
(2)AB=12㎝, BC=13㎝, AC=5㎝のとき、ADの長さを求めよ。
A B C D

△ABCと△DBAを並べて描く。
A B C D A B x 5cm 13cm 12cm
BCと対応する辺がBAなので相似比は13:12
ACと対応する辺がDA、DA=xとすると
13:12=5:x
13x=60
x=6013

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved