top>>問題の解説 >>相似5 解説
Mathematics Website
menu

相似5 解説

1.  AD=12cm, BC=16cm, CD=8cm, AD//BC, ∠BCD=90°の台形がある。ADと平行な線分EFがこの台形の面積を2等分するとき、EFの長さを求めよ。

A B C D E F

解説
A B C D E F G H DC に平行で A を通る線を引く。
その線と EF,BC との交点をそれぞれ G,H とする。
すると AD=GF=HC=12cm, BH=4cm となる。
EFをxとすると EG=x-12となる。
△AEG∽△ABH なので EG:BH=AG:AH
よって(x-12):4=AG:8
AG=2(x-12)となる。
ここで面積を考える。 台形ABCDの面積は(12+16)×8÷2=112
台形AEFDはその2分の1なので (12+x)×2(x-12)÷2=56
これを計算すると
x2-144=56
x2 =200
x=±102
0<x より x=102


2.   AB=1の長方形ABCDがある。辺AD,BC上に点M, Nを取りAD=3MD, BC=3NCとなるようにする。長方形ABCDと長方形DMNCが相似になるときADの長さを求めなさい。

ABCDMN

解説
A B C D C D M N 1 x 1 1 3 x ADを xとするとMD=13xとなる。
対応する辺をくらべると
1:13x = x:1となる。
よって 13x2 = 1
x2=3
x=±3
0<xより x=3



相似5  3解説 ≫ 相似5  4解説 ≫ 相似5  5解説 ≫

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved