top>>問題の解説 >>体積4(発展) 解説
Mathematics Website
menu

体積4(発展) 解説

図のような底面が直角三角形(∠ABC=90°)の三角柱がある。
AB=3㎝、BC=4㎝、CA=5㎝、AD=10㎝である。
この三角柱の辺BE上にBP=6㎝となる点Pをとり、
点A,P,Fを通る平面でこの立体を2つに分けてできる
それぞれの立体の体積を求めよ。
A B C D E F P

3cm 4cm 10cm 4cm 2つにわけたときの下の部分は台形ADEPを底面とする四角錐である。
台形の面積は (10+4)×3÷2=21である。
四角錐の高さはEF=4cmなので四角錐の体積は21×4÷3=28となる。

A B C D E F P 3cm 4cm 10cm 6cm 2つにわけたときの上の部分は台形BPFCを底面とする四角錐である。
台形の面積は (10+6)×4÷2=32である
四角錐の高さはAB=3cmなので四角錐の体積は32×3÷3=32となる。

図の直方体は AB=10cm, BC=4cm, BF=6cm である。
BQ=5cm, AP=1cmとなる点P,Qをとり、D,P,Qを通る平面で
この直方体を2つに分ける。
2つに分けたそれぞれの立体の体積を求めよ。
A B C D E F G H P Q R

2つに分けた上側の立体をさらに面BQDで切断する。
A B C D P Q R 手前は台形BQRCを底面とする四角錐になる。
台形BQRCの面積は・・・(5+4)×4÷2=18
四角錐の体積は・・・18×10÷3=60
向こう側は台形ABQPを底面とする四角錐になる。
台形ABQPの面積は・・・(1+5)×10÷2=30
四角錐の体積は・・・30×4÷3=40
よって上側の立体の体積は60+40=100
全体から引くと下側も体積が出せる。 240-100=140

図は∠BAC=90°の直角三角形を底面とする三角柱で、AB=12cm,
AC=10cm, AD=15cmとなっている。また、点M,Nは辺AB,BCのそれ
ぞれの中点でMN=5cmである。M,N,F,Dを通る平面で三角柱を2つに
分けたときにできるそれぞれの立体の体積を求めよ。
A B C D E F M N

2つに分けた立体のうち向こう側(頂点Aを含む方)を出す。
この立体に三角錐をつけたして△AMDを底面とする三角柱にする。
つけたした部分の三角錐はPCNFである。

A D M C F N P 三角柱AMDCPFから三角錐PCNFを引くと、求める立体の体積になる。
△AMDの面積・・・6×15÷2=45
三角柱AMDCPFの体積・・・45×10=450
三角錐PCNFの体積・・・45×5÷3=75
よって求める体積・・・450-75=375
また、手前側の立体は全体から375を引けば出るので
900-375=525となる。

図は底面が正方形の正四角錐で、底面の正方形は1辺6cm,
四角錐の高さは8cmである。OCの中点がP、DCの中点がF、
CE=2cmである。このとき三角錐 P-AEF の体積を求めよ。
A B C D E F P O

PがOCの中点なので三角錐P-AEFの高さは正四角錐の半分となり、4cmである。
底面の△AEFは正方形から△ABE,△ADF, △CFEを引けば出せる。
△AEFの面積・・・36-12-9-3=12
12×4÷3=16

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved