top>>問題の解説 >>2乗に比例する関数5(変域、変化の割合、交点) 1(3)解説
Mathematics Website
menu

2乗に比例する関数5(変域、変化の割合、交点) 1(3)解説

1.(3)
y=32x2 においてxの変域がm≦x≦2のときのyの変域がn≦y≦24でした。
  m,nの値をそれぞれ求めよ。

24 (2,6) 2 (-4,24) O x y y=32x2のグラフ 
yの最大値は24である。 
y=24を式に代入するとxの値は4または-4だが、
xの最大値が2なので,一方の端は(2,6)
点(-4, 24)が他方の端となる。
変域を表すと
xの最小値は-4, yの最小値は0となるので
m=-4, n=0

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

目次

 
© 2006- 2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved