top>>問題の解説 >>1次関数3(変化の割合) 1(3)解説
Mathematics Website
menu

1次関数3(変化の割合) 1(3)解説

変化の割合 = yの増加量 xの増加量

1次関数y=ax+b で変化の割合はaに等しい

(3) y=-2x+11について  
① 変化の割合を求めよ。
② xが3増加するときのyの増加量を求めよ。


1次関数で変化の割合は傾きaに等しいので
y=-2x+11の変化の割合は -2である。

変化の割合 = yの増加量 xの増加量
この式に 変化の割合 -2、 xの増加量 3 を代入すると
-2 = yの増加量 3
よって yの増加量 = -6

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved