top>>問題の解説 >>三平方の定理8 解説
Mathematics Website
menu

三平方の定理8 解説

1 
図は底面が1辺6cmの正三角形で、高さが6cmの三角柱である。
頂点A, E, Cを通る平面でこの立体をきるとき
頂点Bから面AECに下ろした垂線の長さを求めなさい。
shh8-1-1.gif(3070 byte)

頂点Bから面ABCに下ろした垂線の長さは、三角錐BAECで△AECを底面にしたときの高さのこと。
そのため、三角錐BAECの体積と△AECの面積を出せば
三角錐の体積 = 底面積×高さ÷3 の式に代入して高さを出すことができる。
そこでまず三角錐BAECの体積を出す。
底面を△ABCとすると高さはBEである。
△ABCは一辺6cmの正三角形、またBE=6cmである。

△ABC・・・図1
△ABCの面積は
底辺6cm, 高さ33cmなので
  6×33÷2=93
錐の体積=底面積×高さ÷3なので
 93×6÷3=183
三角錐BAECの体積は183cm3となる。
図1
shh8-1-2.gif(2465 byte)

次に△AECの面積を求める。
AE, ECともに1辺6cmの正方形の対角線なので
AE=EC=62の二等辺三角形となる。・・・図2
 この二等辺三角形AECの高さは
三平方の定理より
(62)2 = 32+x2
x = 37
よってこの二等辺三角形AECの面積は 
97cm2となる。

図2
shh8-1-3.gif(2919 byte)

三角錐の体積 = 底面積 × 高さ ÷ 3 の式に
三角錐の体積・・・183
△AECの面積・・・97、 
高さ・・・h
として代入すると
183 = 97 × h ÷ 3
h = 6721

2
図の正四角錐は底面が1辺12cmの正方形で
それ以外の各辺はすべて10cmである。
辺ACの中点をM,辺ADの中点をNとし、辺BC,辺ED上
にそれぞれPC=QD=3cmとなる点P,Qをとる。
面MPQNで正四角錐を2つに切断したときに
できる小さいほうの立体の体積を求めよ。
shh8-2-1.gif(3869 byte)

このままの形では体積は出せないので
立体を分けて体積を出す。Mを通り
面BCDEに垂直な面でこの立体を切断する。
Mから面BCDEに垂線をおろし
その交点をGとする。GF//BCとなるよう
にCD上にFをとる。この面MGFが
切断面である。同じように面NIHでも切断
すると四角錐MPCFGと三角柱MGFNIHと
四角錐NIHDQの3つの立体に分かれる
→図1
図1
shh8-2-2.gif(8235 byte)


△ACDを平面図にしたものが図2である。
AからCDに垂線を引いて交点をRとしている。
MがACの中点なのでFはCRの中点となり
CF=3cmとなる。

図2
shh8-2-3.gif(3834 byte)


四角錐ABCDEの高さを出す。
図3のように△AECを考えると、
EC=122 ,AE=AC=10の二等辺三角形である。
するとAから垂線をおろせばECの中点
に交わる。垂線の長さをxとして
三平方の定理に当てはめると
 x2+(62)2=102
 これを解くとx=27となる。
 
 図3
  shh8-2-4.gif(7461 byte)  

  四角錐MPCFGの高さは四角錐ABCDEの半分なので 7cmである。
底面は一辺3cmの正方形なので四角錐MPCFGの体積は
3×3×7÷3=37となる。 四角錐NIHDQも同じ。
次に三角柱MGFNIHの体積
MG= 7, GF=3, FH=6なので
体積は 7×3÷2×6=97 となる。
よって求める立体の体積は 37 +37 +97=157

3
図は半径13cm の球を平面で切ったものである。中心から切り口の
平面までの距離が5cm である。切り口の円の面積を求めよ。
shh8-3.gif(9171 byte)

まず、この立体の断面図を描く。・・・図1
球の半径が13cm, 中心から切り口の平面までの
距離が5cmを利用して図のような直角三角形ができる。
切り口の半径をxとして
三平方の定理に当てはめる。
すると x2+52=132
よってx=12 となる。
図1                
shh8-3-1.gif(1693 byte)


つまり切り口は半径12cmの円となる。
よって面積は144πcm2 である。

4
底面の円の半径が9cmの円柱形の容器に
半径5cmの球を2個入れ、球がちょうど
つかるまで水を注いだ。
底面から水面までの高さを求めよ。
shh8-4.gif(9490 byte)

立体を真横から見た図を平面図を描く。・・・図1   図1
shh8-4-1.gif(5780 byte)
図2のように直角三角形(赤)をつくることができる。
斜辺が10cm, 残りの辺が8cmとxcmとして
三平方の定理にあてはめる。
100 = x2+64
x2=36
x=±6
0<xなので
x=6
よって水面までの高さは6+5+5=16となる。
 図2
shh8-4-2.gif(6358 byte)

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved