top>>問題の解説 >>特別な直角三角形 解説
Mathematics Website
menu

特別な直角三角形 解説

特別な直角三角形の3辺の比
45° 45° 1 1 2 60° 30° 1 2 3

△ABCの面積を求めよ。  105° 30° 6cm A B C

頂点Aから辺BCに垂線をおろし交点をDとする。
△ADCは直角二等辺三角形になるので、
AD=DCで、AD:AC=1:2である。
よって AD:6=1:2
AD=DC=32
△ABDは60°、30°、90°の直角三角形なので
AD:BD=1:3
よって32:BD=1:3
BD=36
すると高さが32で、
底辺が36+32である。
よって面積は 
32×(36+32)÷2 =93+9
6cm 6cm 30° 60° 45° 45° 3√2cm 3√2cm 3√6cm A B C D

△ABCの面積を求めよ。 A B C 6cm 15° 15°

辺CAの延長線上に頂点Bから垂線をおろし
交点をDとする。
すると△ABDは30°、60°、90°の直角三角形になり、
AB:BD=2:1となる。
AB=AC=6cmなのでBD=3cm
底辺AC=6cm, 高さBD=3cm
よって面積は 6×3÷2=9
A B C 6cm 15° 15° 3cm 60° 30° D

図の△ABCについて答えよ。
(1) 辺ABの長さを求めよ。
(2)△ABCの面積を求めよ。
2cm 75° 75° A B C

(1)
辺AC上に点Dをとり、∠CBD=30°となるようにする。
すると△BCDは二等辺三角形になるのでBD=BC=2cmとなる。
さらに点Dから辺ABに垂線をおろし交点をEとする。
すると△EBDは直角二等辺三角形になり、
△AEDは30°60°90°の直角三角形となる。
BD:EB=2:1なので 2:EB=2:1
EB=2
ED:AE=1:3なので
2:AE=1:3
AE=6
よってAB=2+6
2cm A B C D E 30° 30° 45° 45° 75° 75° 60° 2cm √2cm √2cm √6cm
(2)
点Cから辺ABに垂線をおろし交点をPとする。
△ACPは30°60°90°の直角三角形になるので
AC:CP=2:1
(1)よりAC=AB=2+6
よってCP=2+62
底辺がABで高さがCPなので
面積は(2+62+62÷2 =2+3
2cm A B C P √2+√6 √2+√6 √2+√6 2

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved