top>>問題の解説 >>正負の数応用1番 解説
Mathematics Website
menu

正負の数応用1番 解説

問題

1. 次の図でどのたて、よこ、斜め、4つの数をくわえても和が等しくなるように空らんに当てはまる数字を入れなさい。

8 -5 −6 5
−3 2 3 0
1 −2 -1 4
-4 7 6 -7

はじめに、4つの数字がそろっているところを見つける。 斜めの数字の和は 8+2−1−7 = 2 つまり縦横斜めの4つの数字の和が2 になるように空らんに数字をいれていく。 まず、数字が3つまでそろっているところを順に探す。 この横の列 3つの数字の和 1−1+4=4 なので4つの数字の和を2にするには 最後の数字は−2。  この横の列 3つの数字の和 2+3+0=5 なので最後の数字は−3 この縦の列 3つの数字の和 0+4−7=−3 なので最後の数字は5  数字が入ったことであらたに数字が3つそろうところが出てくる この横の列 3つの数字の和 8−5+5=8 なので最後の数字は−6 この縦の列 3つの数字の和 −5+2−2=−5 なので最後の数字は7  最後に残った横の列 −4+7−7=−4なので 最後の数字は6 おわり

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved