top>>数学の要点 >>立体の体積
Mathematics Website
menu

立体の体積

1年範囲
正の数・負の数
正負の加法、減法
加法、減法の混ざった計算
正負の数の乗法、除法、累乗
四則計算、分配法則
文字式の表し方
代入・式の値
文字式の計算
方程式の解き方(等式の性質)
移項を用いた方程式の解き方
いろいろな方程式
比例式
方程式文章題(買い物)
方程式文章題(速さ1)
関数
比例
反比例
座標
比例のグラフ
反比例のグラフ
図形(用語と記号)
図形の移動
作図1
作図2
作図3
円とおうぎ形
おうぎ形の弧、面積
平面や直線の位置関係
立体の体積
立体の表面積
度数の分布
範囲と代表値
近似値
2年範囲
式の計算(加法減法)
式の計算(乗法除法)
式の値・代入
式の説明準備
式による説明
等式の変形
連立方程式
いろいろな連立方程式
連立方程式(小数・分数)
連立方程式の文章題1
連立文章題 速さ
連立文章題 速さ2
連立文章題 割合
1次関数とは
1次関数2 変化の割合
1次関数3 式の出し方
1次関数4 変域
直線の式、平行、交点
1次関数の応用(動点)
角度(準備)
錯角と同位角
対頂角、内角の和、外角の和
三角形の外角と内角の関係
合同条件
合同の証明
二等辺三角形
直角三角形
平行四辺形
平行と面積
確率1
3年範囲
式の展開
因数分解1
因数分解2
因数分解3
素数・素因数分解
平方根
平方根の大小
平方根の計算1
平方根の計算2
2次方程式(平方根)
2次方程式(因数分解)
2次方程式(解の公式)
2乗に比例する関数1
2乗に比例する関数2
2乗に比例する関数3
相似基礎
相似証明1
相似と面積比・体積比
円周角1
円周角2
三平方の定理
三平方の定理_平面での利用
特別な直角三角形
三平方の定理_立体での利用

角柱、円柱の体積

柱の体積 = 底面積 × 高さ


(例)
三角柱 高さ:8cm 底面積: 5cm 2 体積=5×8=40 四角柱(直方体) 4cm 3cm 8cm 底面積=4×3=12 体積=12×8=96 半径5cm 高さ 8cm 円柱 底面積=5×5×π=25π 体積=25π×8=200π

【例題】次の立体の体積を求めよ。
底面積15cm2, 高さ6cmの五角柱 底面の半径2cm, 高さ10cmの円柱



角錐、円錐の体積

錐の体積 = 底面積 × 高さ× 1 3


頂点から、底面におろした
垂線の長さのこと。
高さ


(例)
底面 9cm 2 高さ 10cm 五角錐体積=9×10÷3=30 正四角錐(底面が正方形) 4cm 6cm 高さ 底面積=4×4=16 体積=16×6÷3=32 高さ8cm 底面の半径 3cm 円錐 底面積=3×3×π=9π 体積=9π×8÷3=24π

【例題】次の立体の体積を求めよ。
底面の1辺が6cm, 高さ10cmの正四角錐 底面の半径5cm, 高さ12cmの円錐



球の体積、表面積

半径rの球
表面積=4πr2 、  体積= 4 3 πr3
r

(例)半径6cmの円
6cm 表面積=4π×6×6=144π(cm2)
体積= 4 3 π×6×6×6=288π(cm3)

回転体の体積

回転体は、円錐や円柱、球などの組み合わせでできているので、
それぞれの部分で体積を出して足したり、引いたりする。

(例1)
l 図A l 図B 円柱 円錐 半球 図Aを直線lを軸に一回転させると図Bになる。
図Bを円錐、円柱、半球の3つの部分に分けて
それぞれの体積の和をだす。

(例2)
l 図C l 図D 図Cを直線lを軸に一回転させると図Dになる。
図Dは円錐の内側に細い円錐型の空間がある形。
外側の円錐から、内側の空間の小さい円錐を引く

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved