top>>数学の問題プリント >>式の計算の利用
Mathematics Website
menu

式の計算の利用

1.  x2+2x+a を因数分解すると、(x+3)(x+m) になるという。mとaの値を求めなさい

2. 次のことがらを証明しなさい。

(1)図のように1辺の長さがa,bの大小2つの正方形が並べてある。この2つの正方形の面積の差はc,dの積に等しい。

(2)2つの連続した奇数の積に1をたすと4の倍数になる。

(3)2つの連続する奇数の平方の差は8の倍数になる。

(4)3つの連続した偶数では最も大きい数の平方から残りの2つの数の積をひいた差は4の倍数になる。

1.

m=-1,  a=-3

2.

(1) この 2 つの正方形の面積の差は
  a2-b2…①
  c=a+b,  d=a-b なので
  c と d の積は
c×d = (a+b)(a−b) = a2−b2 …②
  ①、②よりa2-b2=c×d
  よってこの 2 つの正方形の面積の差は c, d の積に等しい

(2) mを整数として2つの連続した奇数を 2m-1, 2m+1 とする。
  それらの積に 1 をたすと、
(2m-1)(2m+1)+1 = 4m2−1+1 = 4m2
  m は整数なので m2も整数。
  よって4m2は4の倍数となる。

(3) mを整数として2つの連続した奇数を2m-1, 2m+1とする。
  平方の差は
  (2m+1)2-(2m-1)2=4m2+4m+1-(4m2-4m+1)=8m
  m は整数なので 8m は 8 の倍数となる。

(4) mを整数として、3つの連続した偶数を2m, 2m+2, 2m+4とする。
  もっとも大きい数の平方から残りの2数の積を引くと
(2m+4)2−2m(2m+2)= 4m2+16m+16−4m2−4m =12m+16 =4(3m+4)
  mは整数なので3m+4 も整数となり4(3m+4) は4の倍数となる。

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved