Mathematics Website

1・2年の復習Lv4_3 6①

平行四辺形ABCDは面積が24cm2である。平行四辺形ABCDの内部に点Pをとる。△ABPと△CDPの面積の和を求めよ。 ABCDP

点Pを通り、辺ABやDCと平行な直線を引く。
この直線とBC,ADとの交点をそれぞれQ,Rとする。
すると等積変形により△APB=△AQB, △DPC = △DQCとなる。
また四角形ABQR, RQCDはともに平行四辺形なので
△ABQの面積は四角形ABQRの半分, △DQCの面積は四角形RQCDの半分となるので
影をつけた部分の面積の和は平行四辺形ABCDの面積の半分となる。
よって 24÷2 =12
ABCDPQR

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

学習アプリ

中1 計算問題アプリ 正負の数
中1数学の正負の数の計算問題 加法減法乗法除法、累乗、四則計算

© 2006- 2021 SyuwaGakuin All Rights Reserved