top>>問題の解説 >>2次方程式計算基礎 2⑧
Mathematics Website
menu

2次方程式計算基礎 2⑧

2. 次の2次方程式を解きなさい。
16x2-13x-1=0

【解説】
⑧ 両辺に6をかけて係数を整数にする。
今回の問題は因数分解できないので、平方根の考え方で解く。
16x2-13x-1=0 x2-2x-6=0両辺に6をかけるx2-2x=6定数項を右辺に移項x2-2x+1=7左辺で2乗をつくるため両辺に1を加える(x-1)2=7左辺を因数分解して2乗にするx-1=±7両辺を平方根にするx=7-1を移項

【別解】
解の公式にあてはめる。
両辺に6をかけて係数を整数にすると x2 -2x -6 =0
解の公式は x = -b±b2-4ac2aなので、
この公式に a = 1, b =-2, c = -6を代入する。
すると x =(-2)2 - 4×1×(-6)2×1
x = 282
x = 2±272
x = 1±7

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

目次

 
© 2006- 2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved