top>>問題の解説 >>放物線と直線の変域が一致する1 (6) 解説
Mathematics Website
menu

放物線と直線の変域が一致する1 (6) 解説

(6)
a>0の放物線y=ax2と直線y=92x+bについて-6≦x≦2でyの変域が一致する。
aとbの値をそれぞれ求めよ。

原点が含まれるのでyの最小値はy=0になり、
yの最大値はx=-6のときの点である。
-62Oxy
直線y=92x+b がこの変域と一致するので
x=-6のときに最小値y=0, x=2でyが最大値だとわかる。
直線の式に(-6,0)を代入すると
0=-27+b
b=27
y=92x+27 にx=2を代入すると
y=9+27=36
放物線の式に(-6,36)を代入すると
36=36a
a=1
-62Oxy

学習アプリ

中1 計算問題アプリ 正負の数
中1数学の正負の数の計算問題 加法減法乗法除法、累乗、四則計算

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2019 SyuwaGakuin All Rights Reserved