Mathematics Website
menu

平行四辺形 折り返し1 1解説

1. 正方形ABCDで、辺AD,BCの
それぞれの中点をP,Qとする。
頂点Bが直線PQ上にくるように折り返す。
そのときの折り目FCとPQの交点をGとする。
∠EGCの大きさを求めよ。
PQABCDEFG

PQABCDEFG BEに補助線を引く。
直線PQは辺BCの垂直二等分線なので
EB=ECとなる。
ところが、ECは辺BCを折り返したものであるから
BC=EC=EBとなり△EBCは正三角形となる。
よって∠BEC=∠EBC=∠BCE=60°
∠ECG=∠QCG(折り返した角)より∠QCG=30°
直線PQは辺BCの垂直二等分線なので∠GQC=90°
すると、三角形の外角はそれと隣り合わない内角の和に等しいので
∠EGC = ∠QCG+∠GQC
= 30°+90°
= 120°

学習アプリ

中2 連立方程式 計算問題アプリ
連立の計算問題 基礎から標準問題までの練習問題と、例題による解き方の説明

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2020 SyuwaGakuin All Rights Reserved