top>>問題の解説 >>グラフと図形(発展) 2 解説
Mathematics Website
menu

グラフと図形(発展) 2 解説

 図のように原点を通る直線と双曲線が点 A と点 B で交わっている。点 A の x 座標が-2, 点 B の y 座標が-4 のとき直線と、双曲線の式をそれぞれ求めよ。

x
y

反比例のグラフと、比例のグラフは2点で交わり、その2点は原点について対称になる。
そのため、Aのx座標が-2であればBのx座標は2となる。
B(2,-4)をy=axに代入すると a=-2 よって比例の式はy=-2x
B(2,-4)をy=bxに代入すると b=-8 よって反比例の式はy=-8xとなる。

学習アプリ

中2 連立方程式 計算問題アプリ
連立の計算問題 基礎から標準問題までの練習問題と、例題による解き方の説明

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved