top>>問題の解説 >>関数と図形2 4解説
Mathematics Website
menu

関数と図形2 4解説

4. 図で点Pはy=x+6のグラフ上の点である。
y=x+6のグラフとx軸との交点をAとし、
x軸上に点B(2,0)をとる。
△PABの面積が28となるときのPの座標を求めよ。
ただしPのy座標は正とする。
ABOpxyy=x+6

点pはy=x+6のグラフ上の点なので、x座標をtとおくとy座標はt+6となる。
ABOpxyy=x+6 8 h
△PABについて
Aのx座標が-6, Bのx座標が2なので底辺ABの長さは8である。
面積が28なので、高さをhとすると 8×h÷2=28 つまりh=7となる。
この高さはpのy座標とおなじなので t+6=7 つまり t=1
よってp(1,7)



≫ 関数と図形2 6解説

学習アプリ

中2 連立方程式 計算問題アプリ
連立の計算問題 基礎から標準問題までの練習問題と、例題による解き方の説明

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved