top>>問題の解説 >>式の計算応用(図形) 2
Mathematics Website
menu

式の計算応用(図形) 2

2.四角形ABCDは長方形である。影をつけた部分の面積を文字式で表わせ。
ABCDabc108

ABCDabc1088-b10-a10-c 長方形全体から、白い部分(三角形2つと台形)を引く
全体の長方形 8×10=80
左上の直角三角形 a×(8-b)÷2=4a-12ab
左下の直角三角形 b×(10-c)÷2=5b-12bc
右の台形 (10-a+c)×8÷2=40-4a+4c
影をつけた面積
= 80 -(4a-12ab+5b-12bc+40-4a+4c)
= 12ab+12bc-5b-4c+40

学習アプリ

中2 連立方程式 計算問題アプリ
連立の計算問題 基礎から標準問題までの練習問題と、例題による解き方の説明

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2019 SyuwaGakuin All Rights Reserved