Mathematics Website

円周と面積 3③解説

3. 次の図の影をつけた部分の周の長さと面積を求めよ。
3cm 3cm 4cm 4cm 1cm

円の面積 = 半径×半径×π
円周の長さ = 直径×π


影の部分の面積を求めるには 大きい図形から白い部分を引く。
周の長さを求めるにはすべての長さをたす。


図形は半径4cmの大きい円と
半径2cmの小さい円が組み合わさってできている。
3cm3cm4cm4cm1cm直径8cm → 半径4cm半径2cm
面積を求める。
大きい円は半径4cmなので 面積=4×4×π =16πcm2
小さい円は半径2cmなので 面積 =2×2×π =4πcm2
よって 影の部分の面積=16π-4π =12πcm2

周を求める。
大きい円は半径4cmなので 円周= 2×4×π =8πcm
小さい円は半径2cmなので 円周 =2×2×π =4πcm
よって影の部分の周の長さ = 8π+4π = 12πcm

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

学習アプリ

中2 連立方程式 計算問題アプリ
連立の計算問題 基礎から標準問題までの練習問題と、例題による解き方の説明

© 2006- 2020 SyuwaGakuin All Rights Reserved