top>>問題の解説 >>連立方程式(A=B=C)4 ⑤ 解説
Mathematics Website
menu

連立方程式(A=B=C)4 ⑤ 解説

次の連立方程式を解きなさい。
13x+12y=2x+49y-12=32x+54y-113

A=B=Cの形の連立方程式は
{ A = B A = C 、または { A = B B = C 、または { B = C A = C の形にして計算する
計算しやすい組み合わせにするとよい。


13x+12y = 2x+49y-12 …(1)
2x+49y-12 = 32x+54y-113 …(2)
(1)の両辺に18をかけて整理すると
6x+9y = 36x+8y-216
6x-36x +9y-8y =-216
-30x +y = -216…(1)'
(2)の両辺に36をかけて整理すると
72x+16y-432=54x+45y-132
72x-54x+16y-45y = -132+432
18x-29y = 300…(2)'
(1)'×3+(2)'×5
-90x+3y=-648 +)+90x-145y=1500 -142y=+852 y=-6…(3)
(3)を(1)'に代入する
-30x-6 = -216
-30x =-210
x = 7

学習アプリ

中1 計算問題アプリ 方程式
中1数学の方程式の計算問題を徹底的に練習

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2019 SyuwaGakuin All Rights Reserved