top>>問題の解説 >>連立文章題(個数と代金1) (3)解説
Mathematics Website
menu

連立文章題(個数と代金1) (3)解説

1本100円の鉛筆と、1本150円のボールペンをあわせて10本買った。代金の合計は1100円だった。それぞれ何本買ったか求めよ。

鉛筆をx本、ボールペンをy本とする。
あわせて10本なので x+y = 10…①
1本100円の鉛筆をx本買うと鉛筆の代金は100x円, 1本150円のボールペンをy本買うとボールペンの代金は150y円となる。
代金の合計が1100なので
100x+150y = 1100…②
①×100 - ②
+100x+100y=1000 -)+100x+150y=1100 -50y=-100 y=2…③
③を①に代入すると
x+2=10
x=8
答 鉛筆8本、ボールペン2本

学習アプリ

中1 計算問題アプリ 方程式
中1数学の方程式の計算問題を徹底的に練習

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2019 SyuwaGakuin All Rights Reserved