top>>問題の解説 >>連立文章題(濃度)(6)解説
Mathematics Website
menu

連立文章題(濃度)(6)解説

(6)
銅30%、亜鉛50%を含む合金Aと銅60%、亜鉛20%を含む合金Bがある。これらを混ぜて銅を2.1㎏、亜鉛を1.9㎏含む合金を作りたい。合金Aと合金Bをそれぞれ何㎏ずつ混ぜればよいか。

濃度100×全体の質量(g) = 食塩の質量(g)
混ぜる前の全体の質量の合計 = 混ぜた後の全体の質量
混ぜる前の食塩の質量の合計 = 混ぜた後の食塩の質量の合計

合金Aの質量をxkg, 合金Bの質量をykgとする。
銅について
Aの30%が銅なので 30100x , Bの60%が銅なので 60100y, これらの合計が2.1kgなので
30100x + 60100y =2.1…①
亜鉛について
Aの50%が亜鉛なので 50100x, Bの20%が亜鉛なので 20100y, これらの合計が1.9kgなので
50100x + 20100y = 1.9…②
①と②を解くと x=3, y=2

学習アプリ

中1 方程式 文章題アプリ
中1数学の方程式文章題を例題と練習問題で徹底的に練習

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2019 SyuwaGakuin All Rights Reserved