Mathematics Website

平方根の計算5 2解説

2.次の数の大小を不等号を使って表しなさい。
5 4, 0.4, 0.6 ②-8, -37, -65

ルートの大小 
a, bがともに正の数のとき
a < b なら
a < b ,   -a > -b


それぞれの数をすべて√で表すと
5 4 = 516,  0.4, 0.6 = 0.36
516 = 0.3125なので
ルートの中を小さい順に並べると 516, 0.36, 0.4となる。
つまり5 4 < 0.6 < 0.4


それぞれの数をすべて√で表すと
-8 = -64
-37 = -63
-65
負の数は絶対値が大きいほど小さくなるので
65 > 64 > 63より
-65 < -64 < -63
よって
-65 < -8 < -37

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

学習アプリ

中1 計算問題アプリ 方程式
中1数学の方程式の計算問題を徹底的に練習

© 2006- 2021 SyuwaGakuin All Rights Reserved