top>>問題の解説 >>三平方の定理2 (3)解説
Mathematics Website
menu

三平方の定理2 (3)解説

(3) AD//BCの台形でAB=CD=6㎝、AD=4㎝、BC=8㎝である。面積を求めよ。
ABCD

A、Dから垂線をおろし、BCとの交点をそれぞれP,Qとする。
APQDは長方形になるのでPQ=4,
△ABP≡△DCQとなるのでBP=2
直角三角形ABPで三平方の定理を使うと
AP2+22=62
AP2+4=36
AP2=32
AP=±42
AP>0より AP=42

台形の面積 = (4+8)×42÷2=242
ABCD46842PQ

学習アプリ

中1 計算問題アプリ 方程式
中1数学の方程式の計算問題を徹底的に練習

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2020 SyuwaGakuin All Rights Reserved