top>>問題の解説 >>式による説明4 3(1)
Mathematics Website
menu

式による説明4 3(1)

(1) 12で割ると5余る数をA, 12で割ると6余る数をB, 12で割ると7余る数をCとする。
① A+Bを12で割るとあまりはいくつか。
② A+Cを12で割るとあまりはいくつか。
③ B+Cを12で割るとあまりはいくつか。
④ Aを3で割るとあまりはいくつか。

12で割り切れる数は12×整数と表せる
12で割ると5余る数は12×整数+5となる。

n, m, pを整数として A=12n+5, B=12m+6, C=12p+7とおく。
① A+B=12n+5 +12m+6 =12(n+m)+11 となるので12で割ると11あまる。
② A+C=12n+5 + 12p+7 = 12n+12p+12 =12(n+p+1) となるので12で割り切れる
③ B+C=12m+6 + 12p+7=12m+12p+13 =12(m+p+1)+1 となるので12で割ると1あまる。
④ A=12n+5 =3×4n+3+2 = 3(4n+1)+2 となるので3で割ると2あまる。

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用 iphone用
アンドロイド用
Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved