top>>問題の解説 >>相似と線分比3 1(2)解説
Mathematics Website
menu

相似と線分比3 1(2)解説

(2)AD//EF//BC, AD=8cm,
  EF=10cm, BC=15cm, AE=3cm
  のときEBの長さを求めよ。
A B C D E F

まず補助線をひく。
Aを通りDCに平行線をひき、EF, BCとの交点をそれぞれP,Qとする。
すると△AEP∽△ABQとなる。
このとき四角形AQCDは平行四辺形なのでAD=PF=QC=8cmである。
するとEP=2cm, BQ=7cmとなる。
つまり△AEPと△ABQの相似比は2:7になる。
このときの対応する辺はAEとABである。
もとめるところはEBなのでこれをxとすると
AE:AB=2:7つまり3:(3+x)=2:7
2(3+x)=3×7
6+2x=21
2x=15
よってx=152
A B C D E F QP



相似と線分比2 2解説 ≫

学習アプリ

中2 連立方程式 計算問題アプリ
連立の計算問題 基礎から標準問題までの練習問題と、例題による解き方の説明

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved