top>>問題の解説 >>相似と線分比4(発展)解説
Mathematics Website
menu

相似と線分比4(発展)解説

(1)  △ABCでAD=DE=EB, AF=FG=GH=HCである。
次の線分比を求めよ。
① BJ:JH
② EI:IK:KG
③ BI:IL:LF
A B C D E F G H I J K L

①   AD=DE=EB, AF=FG=GHよりDF//EG//BH
よって
△CHJ∽△CGK CH:CG=1:2より相似比1:2
△CHJ∽△CFD CH:CF=1:3より相似比1:3
よってJH:KG:DF=1:2:3
△ADF∽△AEG AF:AG=1:2より相似比1:2
△ADF∽△ABH AF:AH=1:3より相似比1:3
DF=3とするとEG=6, BH=9
BJ=9-1=8 よってBJ:JH=8:1
1 2 3 6 9 1.5 2.5
②  △BIE∽△BFD BE:BD=1:2より相似比1:2
DF=3とすると EI=1.5, IK= 6-1.5-2=2.5
EI:IK:KG=1.5:2.5:2=3:5:4

③  △DFL∽△KIL DF:IK=3:2.5より相似比6:5
よってFL:LI=6:5 またBI=IFなので
BI=IL+LF=5+6=11
よってBI:IL:LF=11:5:6

(2)   △ABCの辺BC上のBD:DC=2:1となる点をD、
ADの中点をE、直線BEとACの交点をF、
BE上のBG:GE=2:1となる点をGとする。
Dを通りBEに平行な直線とACの交点をIとするとき、
次の線分比を求めよ。
AF:FI:IC
BG:GE:EF
BH:HD
AG:GH
A B C D E F G H I

①  DI//BFで、BD:DC=2:1なので FI:IC=2:1
DI//BFで、AE:ED=1:1なので AF:FI=1:1
FI=2とするとAF=2 よってAF:FI:IC=2:2:1

②  △AEF∽△ADIの相似比が1:2なのでEF:DI=1:2
△CID∽△CFBの相似比が1:3なのでDI:BF=1:3
DI=2とするとBF=6
するとBE=6-1=5
BG:GE=2:1なのでBGはBEの3分の2, GEはBEの3分の1
つまりBE=5とすると BG=103 , GE=53
よってBG:GE:EF=103:53:1=10:5:3

③  Eを通りAHに平行な直線を引き、
BCとの交点をPとする(補助線)
AH//EPで、AE:ED=1:1なのでHP:PD=1:1
AH//EPでBG:GE=2:1なのでBH:HP=2:1
よってBH:HP:PD=2:1:1
よってBH:HD=2:2=1:1
P
④  △BHG∽△BPEの相似比は2:3なのでGH:EP=2:3
△DEP∽△DAHの相似比は1:2なのでEP=3とするとHA=6
AG=6-2=4
よってAG:GH=4:2=2:1

(3) ∠ABCと∠ACBの二等分線の交点をDとする。
Dを通り辺BCに平行な直線と辺AB、ACとの交
点をそれぞれE,Fとする。
AB=15cm, AC=13cm, BC=21cmのとき
EFの長さを求めよ。
A B C D E F 15cm 13cm 21cm

BDは∠ABCの二等分線なので∠EBD=∠DBC
また、EF//BCなので∠DBC=∠EDB(平行線の錯角)
よって∠EBD=∠EDB 2角が等しいので
△EBDは二等辺三角形となりEB=ED
同様に△FDCも二等辺三角形なのでFC=FD
AB=AE+EB=15 であるが、EB=EDなのでAE+ED=15
AC=AF+FC=13であるが、FC=FDなのでAF+FD=13
すると△AEFの周の長さは15+13=28となる。

△ABCの周の長さは15+13+21=49
またEF//BCより△AEF∽△ABC,
周の長さの比 28:49=4:7これが相似比となる。
よってEF=xとすると EF:BC=4:7=x:21
7x=84
x=12

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用 iphone用
アンドロイド用
Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved