top>>数学の要点 >>連立方程式の解き方
Mathematics Website
menu

連立方程式の解き方

連立方程式とは2つの文字(xとy)を含み、2つの式からなる方程式のこと。
連立方程式の解き方には代入法加減法がある。
どちらの場合もxかyのどちらか1つの文字を消去して解く

 代入法

片方の式が x = の形になっていれば、それを他方のxに代入することでxが消えてyだけの方程式ができる。
(y= の形ならyに代入する。)
またx= やy= の形になっていなくても、式の変形によってx(またはy)について解いて代入しても良い。

【例1】{x=-y+3…①2x+5y=9…②
① が x = となっているので、これを②に代入する。
2(-y+3)+5y=9-2y+6+5y=93y=9-63y=3y=1
y=1を①に代入する。
x=-1+3
x=2

【例2】 {3x=-4y-6…①3x+5y=-9…②
①が3x= となっており、②に3xがあるのでそのまま代入する。
-4y-6+5y=-9y=-9+6y=-3

y=-3を①に代入する。
3x = -4×(-3)-6
3x = 6
x=2

【練習】代入法で解きなさい。
(1) { x = -2y+3 2x+5y = 5 (2) { 3x+y = 1 5x+2y = 1 (3){7x=-3y-57x+5y=1



連立代入法練習問題  >>問題1
NEXT

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved