top>>数学の要点 >>基本の作図 垂線 正三角形
Mathematics Website
menu

基本の作図 垂線 正三角形

直線l上の点Aに垂線をたてる

A l

点Aにコンパスの針をさし、直線lと2点で交わるように弧を描くコンパス1
2つの交点それぞれに針をさし、弧を描いて交点をつくる(このときのコンパスの幅はコンパス1より広くとり、コンパス2と3で異なってはいけない)
コンパス2 コンパス3

弧の交点と点Aを結ぶ垂線


線分ABを1辺とする正三角形

A B

点Aに針をさしコンパスの幅を線分ABに合わせて弧を描く。 コンパス1 コンパスの幅を変えずに点Bに針をさし弧を描く。 コンパス2 弧の交点と点A,Bをそれぞれ結ぶ正三角形


点Pから直線lに垂線をおろす2

作図1とは違う方法の垂線のおろしかた。どちらをつかってもかまわない

P l

コンパスの針を直線l上にさし、鉛筆のほうを点Pにあわせて直線lと交わるように弧を描く コンパス1 コンパスの針を直線l上の、異なる点にさし、また鉛筆を点Pに合わせて直線lと交わるように弧を描く コンパス2 弧の交点と点Pを結ぶ 垂線 ※例ではコンパスの針を端にさしているが、端でなくても構わない。またコンパス1とコンパス2の幅(半径)は変えて構わない

学習アプリ

中1 方程式 文章題アプリ
中1数学の方程式文章題を例題と練習問題で徹底的に練習

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved