top>>問題の解説 >>円と相似 3解説
Mathematics Website
menu

円と相似 3解説

3.  点A、B、C、Dは同一の円周上にある。
BCとADをそれぞれ延長したときの交点をEとする。
AD=4cm,BC=7cm,CE=5cmのときDEの長さを求めよ。
A B C D E

∠CAE=∠DBE(弧CDの円周角), ∠E共通より △EAC∽△EBDである。
4 5 7 x A B C D E A B C D E E 4+x 7+5 5 x
AEとBE、CEとDEがそれぞれ対応する辺なので
(x+4):12=5:x
x(x+4) =60
x2+4x-60=0
(x+10)(x-6)=0
x=-10,6
x>0より x=6

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

iphone用
android用
iphone用
android用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用 iphone用
アンドロイド用
Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved