top>>例題 >>方程式文章題(濃度) 食塩水と食塩と水をまぜる
Mathematics Website
menu

方程式文章題(濃度) 食塩水と食塩と水をまぜる

濃度と質量の関係
食塩水全体の質量×濃度100 = 含まれる食塩の質量

【例題】
5%の食塩水が何gかある。これに食塩を10g入れて、そのあと水を200g加え、さらに7%の食塩水を400g加えてよくかき混ぜたら、6%の食塩水ができた。5%の食塩水は何gあったのか。

式を作るためのポイントは
全体の質量を考える」ことと「含まれる食塩の質量を考える」こと。
混ぜる前の全体の質量は5%の食塩水がxg, 食塩が10g, 水200g, 7%の食塩水が400gである。
これを全部あわせると混ぜた後の全体の質量がわかる。x+10+200+400=x+610
次にそれぞれに含まれる食塩の質量を出す。
食塩10gはすべてが食塩の質量なので含まれる食塩は10g、 水には食塩は含まれないので0g。
食塩水に含まれる食塩の質量は上記の式から求まるので
5%の食塩水xgに含まれる食塩は 5100×xg、  7%の食塩水300gに含まれるのは 7100×400=28g
6%の食塩水(x+610)gに含まれるのは 6100(x+610)g
混ぜた後 混ぜる前 5%の食塩水 食塩 7%の食塩水 6%の食塩水 xg 10g 200g 400g x+610 100 5 x 10g 0g 28g 100 6 (x+610)
混ぜる前の食塩を全部合わせれば、混ぜた後の食塩の質量と等しくなる。
この関係から式をつくる。
混ぜる前・・・5100xと10と28を足すので5100x+38
混ぜた後・・・6100(x+610)
よって方程式は5100x+38 = 6100(x+610)
計算
5100x+38 = 6100(x+610)
5x+3800=6(x+610)
5x+3800=6x+3660
5x-6x = 3660-3800
-x = -140
x=140
答140g

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved