top>>数学の要点 >>平方根
Mathematics Website
menu

平方根

1年範囲
正の数・負の数
正負の加法、減法
加法、減法の混ざった計算
正負の数の乗法、除法、累乗
四則計算、分配法則
文字式の表し方
代入・式の値
文字式の計算
方程式の解き方(等式の性質)
移項を用いた方程式の解き方
いろいろな方程式
比例式
方程式文章題(買い物)
方程式文章題(速さ1)
関数
比例
反比例
座標
比例のグラフ
反比例のグラフ
図形(用語と記号)
図形の移動
作図1
作図2
作図3
円とおうぎ形
おうぎ形の弧、面積
平面や直線の位置関係
立体の体積
立体の表面積
度数の分布
範囲と代表値
近似値
2年範囲
式の計算(加法減法)
式の計算(乗法除法)
式の値・代入
式の説明準備
式による説明
等式の変形
連立方程式
いろいろな連立方程式
連立方程式(小数・分数)
連立方程式の文章題1
連立文章題 速さ
連立文章題 速さ2
連立文章題 割合
1次関数とは
1次関数2 変化の割合
1次関数3 式の出し方
1次関数4 変域
直線の式、平行、交点
1次関数の応用(動点)
角度(準備)
錯角と同位角
対頂角、内角の和、外角の和
三角形の外角と内角の関係
合同条件
合同の証明
二等辺三角形
直角三角形
平行四辺形
平行と面積
確率1
3年範囲
式の展開
因数分解1
因数分解2
因数分解3
素数・素因数分解
平方根
平方根の大小
平方根の計算1
平方根の計算2
2次方程式(平方根)
2次方程式(因数分解)
2次方程式(解の公式)
2乗に比例する関数1
2乗に比例する関数2
2乗に比例する関数3
相似基礎
相似証明1
相似と面積比・体積比
円周角1
円周角2
三平方の定理
三平方の定理_平面での利用
特別な直角三角形
三平方の定理_立体での利用

平方根
平方根とは2乗の逆のこと。


「5の2乗は25、また、(−5)の2乗も25である。」
そのため25の平方根は+5と−5である。 5と-5のことをあわせて±5と表記することもある。 例) 25の平方根は±5

2乗の逆が平方根なので、2乗したときにAになる数がAの平方根である。
(□)2=A
□に当てはまる数がAの平方根。
(□)2=16 が成り立つのは □に4または−4が入るときである。
つまり16の平方根は±4である。

【確認】次の数の平方根を求めよ。
4 49 100



平方根の性質

(□)2=1 となるのは□に1または−1が入るとき。 つまり1の平方根は±1である。
このように、普通平方根には正と負の2つある。
ところが(□)2=0 の場合、□に入るのは0だけである。
つまり0の平方根は0だけである。
さらに、2乗して負の数になることはありえないので、負の数の平方根は存在しない

正の数 ⇒ 平方根は正と負の2つ
0 ⇒ 0の平方根は0だけ
負の数 ⇒ 平方根は存在しない


文字式では

(□)2=x4 となるのは□にx2または−x2が入るとき。
つまりx4の平方根は±x2である。

【確認】次の数の平方根を求めよ。
x2 a2x2 y6



平方根を表す記号

平方根を表す記号を根号(ルート)という。⇒  

4は4の平方根のうち正の数を表す。 つまり4 = 2
負の数を表すときはマイナスをつける。 4 = −2

この根号を使うと平方根が整数にならないような場合でも平方根を表すことができる。

2の平方根は±2  15の平方根は±15 xの平方根は±x

負の数には平方根が存在しないので根号の中は必ず正の数である。
上の例で言うとxは必ず正でなければならない。

【確認】次の数の平方根を求めよ。
ただし、存在しないときは「なし」と書くこと。
3 64 −16

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved