top>>例題 >>逆数
Mathematics Website
menu

逆数

逆数

2つの積が1のとき、一方を他方の逆数という。

逆数を求めよ。
7 −5 29 4.8


逆数とはかけて1になる数のこと。つまり↓
7 × = 1 ここに入る数が逆数
整数の場合、分子が1で分母がその整数になる分数をかけると1になる
7 × 7 1 =1
よって 7の逆数は17

負の数×負の数=正の数なので、負の数の逆数は負の数である。
−5 × −15 = 1
よって−5の逆数は−15

分数の逆数は分母分子が逆になる。
9 2 × 2 9 = 1
よって 29 の逆数は 92

小数の逆数を求めるにはまず小数を分数になおす
4.8 = 4810 = 245
この分数の分母、分子を逆にすると 524
よって4.8の逆数は 524
練習 ≫

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved