top>>数学の問題プリント >>三平方の定理4
Mathematics Website
menu

三平方の定理4

1辺6cmの正八角形の面積を求めよ。

AB⊥CE, AC⊥BD, 点FはBDとCEの交点である。∠ABC=45°、 AE:EB=1:2, AC=5cmのとき

A B C D E F

ECの長さを求めよ。

EFの長さを求めよ。

図のようにAD=12㎝、AB=24㎝の長方形ABCDの頂点Bを頂点Dに重ねるように折り返す。このときDEの長さを求めなさい。

A B C D E F G

図のの△ABCの面積を求めよ。

A B C 15cm 14cm 13cm

図のような二等辺三角形の三辺に接する円がある。AB=AC=10cm,BC=12cmのときこの円の半径を求めよ。

A B C

図のように円に内接する△ABCがあり、AB=AC=17cm,BC=16cmである。この円の半径を求めよ。

A B C

(72+722)cm2

25cm 5cm

15cm

84cm2

3cm

289 30 cm

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved