top>>数学の問題プリント >>三平方の定理7
Mathematics Website
menu

三平方の定理7

図はAB=6cmBC=8cmの長方形である。∠BACの二等分線が辺BCと交わる点をEとするときAEの長さを求めよ。

A B C D E

長方形ABCDでAB=21cm, AD=27cmである。EB=9cmとして、頂点CをEに重なるように折り返したときの折り目をHIとする。HIの長さを求めよ。

A B C D E F G H I

図で四角形ABCDは1辺15㎝の正方形である。辺BC上にBE=8㎝となる点Eをとり、∠DAEの二等分線と辺CDとの交点をFとする。線分DFの長さを求めよ。

A B C D E F 15cm 8cm

図はOを中心とする半径2cmの半円で線分ABは直径である。点Cは円周上の点でCB=2cmである。また、AC=AEである。このとき下の問に答えよ。

A B C E O

ACの長さを求めよ。

∠OECは何度か

OEの長さを求めよ。

CEの長さを求めよ。

35cm

710cm

9cm

23cm 75° (23-2)cm (32-6)cm

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved