top>>例題 >>特別な直角三角形_補助線が必要な問題
Mathematics Website
menu

特別な直角三角形_補助線が必要な問題

特別な直角三角形を使えそうな角度がわかっている場合、垂線を引くなどして特別な直角三角形を作る。
角度は30°60°45°のほか120°や75°,105°などに注目して特別な直角三角形を作る。

xの値を求めよ。 A B C 7 8 x 120°

∠ACB=120°に着目し、その外角の60°を使って特別な直角三角形を作る。
D 60° 4 4 3 11 頂点AからBCの延長線上に垂線をおろし交点をDとする。
すると△ACDが30°60°90°の直角三角形になるので
辺の比を使ってAD,CDの長さを出す。
8:AD=2:3
2AD=83
AD=43
8:CD=2:1
2CD=8
CD=4  
△ABDは直角三角形なので、三平方の定理を使って
x2=(43)2+112
x2=48+121
x2=169
x=±13
x>0よりx=13

類題練習 ≫


x,yの値を求めよ。 A B C 60° 75° 6 x y

∠ABC=60°、∠ACB=45°に着目して60°30°90°と45°45°90°の2つの三角形を作る。
A B C 60° 75° 6 x y 45° D 3 3 3 頂点Aから辺BCに垂線を下ろし交点をDとする。
すると△ABDは60°30°90°の直角三角形になり
△ADCは45°45°90°の直角三角形になる。
△ABDで
 6:BD=2:1
 BD=3
 6:AD=2:3
 AD=33
△ADCで
 AD=DC=33
 33:x=1:2
 x=36
 y=BD+DC = 3+33

xの値を求めよ。 15° 1 A B C x

∠BAC=75°を60°+15°に分ける。
15° 1 A B C x D 60° 15° 2 3 辺BC上に点Dをとって∠CAD=60°になるように頂点Aから補助線を引く。
すると△ADCは60°30°90°の直角三角形となり
∠DAB=15°なので△ADBは二等辺三角形になる。
△ADCで
 1:AD=1:2
 AD=2
 1:CD=1:3
 CD=3
△ADBで
 AD=BDなのでBD=2
 x=BD+DC=2+3

Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved