top>>数学の要点 >>座標
Mathematics Website
menu

座標

座標平面

正負の数では数を表すのに数直線を使った。
比例や反比例など関数でxとyの組を表すのに使う図が座標平面である。

O x y

座標平面上の点で(x,y)の組を表す。
(x,y)を座標といい、「x=5のときにy=-2」を表すには(5,-2)と書く。xは左、yは右に書く。

( ) 5 -2 , x座標 y座標 座標

座標の表し方

座標平面では横の目盛りがxを表し、縦の目盛りがyを表す。(x軸、y軸)
x軸とy軸の交わるところが原点Oで、x座標、y座標ともに0になる。座標で表すと(0,0)となる。
x軸は右へ行くほど大きく、原点より左はマイナスになる。y軸は上へいくほど大きく、原点より下がマイナスである。

x y x軸 y軸 原点O


点A(4,-2)を座標平面に表す場合、x(横の目盛り)が4で, y(縦の目盛り)が-2のところに点をとる。 >>点A
同様につぎの点も確かめよう。
点B(1,3)>>点B 点C(-4,5)>>点C 点D(-3,-6)>>点D
O A B C D

【確認】
図の各点の座標を求めよ。
O P Q R S

【答】P(6,1) Q(-3,4) R(-5,-3) S(2,-3) 

学習アプリ

中2 連立方程式 計算問題アプリ
連立の計算問題 基礎から標準問題までの練習問題と、例題による解き方の説明

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved