top>>数学の要点 >>三平方の定理_平面への利用
Mathematics Website
menu

三平方の定理_平面への利用


三平方の定理が使えるのは直角三角形である。
定理を利用する場合は図から直角三角形を探すか、補助線を書いて直角三角形を作る。

座標上での2点間の距離

いままで、座標上で斜めの長さは出せなかったが、三平方の定理を使えば出せるようになる。 A B

【例】図の線分ABの長さを求める。 x y O A(2,1) B(7,3) C 5 2
線分ABが斜辺になるような直角三角形を作る。
 (他の2辺が軸に平行になるように)
辺AC(横)の長さはx座標どうしの差 7-2=5
辺BC(縦)の長さはy座標どうしの差 3-1=2
三平方の定理にあてはめると 
AB2=52+22
AB2=29
AB=±29
AB>0よりAB=29

【確認】線分ABの長さを求めよ。
A(1,5) B(6,2) x y O
34
B(2,-2) A(-1, 4) O x y
35

長方形の対角線

長方形は全ての角が直角なので、対角線を引くと2つの直角三角形ができる。
そのため長方形の縦と横の長さから三平方の定理を使って対角線の長さを出すことができる。

【例】縦2cm, 横3cmの長方形の対角線を求める。
2cm 3cm x 対角線を引いて直角三角形をつくる。
三平方の定理にあてはめる。
x2=22 + 32
x2=4+9
x2=13
x=±13
x>0よりx=13
答 13cm

【確認】次のそれぞれの四角形の対角線を求めよ。
1辺8cmの正方形
A B C D
82cm
縦3cm, 横7cmの長方形
A B C D
58cm

例題_平行四辺形の対角線

二等辺三角形の高さ

二等辺三角形の頂点から底辺に垂線を引くと、
合同な直角三角形が2つできるので垂線と底辺の交点が底辺の中点になる。

このため辺の長さがわかっている二等辺三角形の高さを出すことができる。

【例】AB=AC=3cm, BC=2cmの二等辺三角形の高さを求める。
3cm 3cm 2cm 1cm x 頂点Aから垂線をおろして直角三角形をつくる。
三平方の定理に当てはめる。
x2+12=32
x2=9-1
x2=8
x=±22
x>0よりx=22
答 22cm

【確認】次のそれぞれの三角形で、頂点Aから辺BCにおろした垂線の長さを求めよ。
1辺8cmの正三角形
A B C
43cm
AB=AC=29cm, BC=40cmの二等辺三角形
A B C
21cm

学習アプリ

中2 連立方程式 計算問題アプリ
連立の計算問題 基礎から標準問題までの練習問題と、例題による解き方の説明

学習 コンテンツ

練習問題 各単元の要点 pcスマホ問題 数学の例題

© 2006- 2018 SyuwaGakuin All Rights Reserved