top>>例題 >>三平方の定理2
Mathematics Website
menu

三平方の定理2

三平方の定理は直角三角形がなくては使えない。
補助線を書いて直角三角形を作ると解ける場合がある。

17cm 9cm A B C △ABCの面積が36cm2のとき、ACの長さを求めよ。ただしAC<17cmとする。

D 8cm 15cm 6cm 辺BCを延長線上に頂点Aから垂線をひき、交点をDとする。
面積が36で、ADはBCを底辺としたときの△ABCの高さなので、
ADの長さをhとすると、9×h÷2=36
これを解くとh=8
直角三角形ABDで三平方の定理と使うと 
BD2+82=172
BD2=289-64
BD2=225
BD=±15
BD>0より BD=15
BC=9なのでCD=15-9=6
△ACDで三平方の定理を使うと
82+62=AC2
AC2=64+36
AC2=100
AC=±10
AC>0より AC=10

≫類題練習

分野別 目次

1年

正負の数

文字式

方程式

関数

平面図形

空間図形

資料の整理

まとめ

まとめ

2年

式の計算

連立方程式

1次関数

角度

三角形

四角形

確率

3年

多項式

平方根

2次方程式

関数

相似

三平方の定理

まとめ

iphone用
android用
iphone用
android用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用 iphone用
アンドロイド用
Topサイトマップ更新履歴このサイトについて
Copyright (C) 2006-2017 SyuwaGakuin All Rights Reserved